強い会社の利益の使い方~「浪費と税金」を減らして「貯蓄と投資」を増やす

事業で得た利益をどう使えばいいのか?改めて考えてみると、難しい問題です。

 

・ギリギリまで役員報酬で出してしまう。

・従業員に還元する。

・節税対策に勤しむ。

・内部留保する。

 

スポンサーリンク

 

税理士として経営者の方とお話をしていると、人それぞれ考え方はとても異なります。

何が何でも節税したいと考える経営者。

細かい対策は不要と考える経営者。

 

お金を残して強い会社を作るためには、キャッシュが流出するだけの「浪費と税金」をできるだけ少なくして、その分を「貯蓄と投資」に回していくという考え方がポイントになります。

 

「投資」というのは、設備投資はもちろんですが、より幅広く、会社を強くするための活動全般と考えましょう。

給料をアップして頑張っている社員に報いることも、人に対する「投資」になります。

新商品や新サービスの開発、サービスの質を上げるために研修や教育を行うことも「投資」でしょう。

5年~10年先にも会社が存続していけるために、利益の出ている間に行う先行投資は極めて重要です。

 

ただし、ここで注意したいのは、投資と浪費は紙一重であるという点です。

「これは会社を伸ばす投資だ」と思っていた支出が実は単なる浪費であった、ということもあるため注意が必要です。

 

例えば決算対策ということで年度末に急きょ企画した社員旅行。社員も薄々税金対策であることに気づいています。

社員を喜ばせて気持ち良く働いてもらおう、という狙いが外れて、社員の気持ちは離れ、ストレスにしかならなかった。これでは「投資」と言えませんよね。

 

会社の粗利益の配分先として下図をイメージしてください。

「浪費と税金」を減らして「貯蓄と投資」に回す。

 

シンプルなようで、できている会社は一握りしかありません。これを継続できれば、時代の変化に負けない強い会社に生まれ変わるはずです。

 

強い会社の利益の使い方

スポンサーリンク