日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」相談員

FP(ファイナンシャルプランナー)という言葉も、最近では少しずつ浸透してきました。

 

個人の「お金」に関する様々な問題や悩みについて解決策や改善方法を考える仕事です。

 

個人の「お金」というと、テーマはとても幅広く、

家計収支、ライフプラン、教育資金、住宅ローン、老後資金、年金、生命保険、資産運用、税金、不動産、相続・・・挙げていくとキリがありません。

 

自分のお金について不安は色々あるけど、本腰を入れて考えたことがない。

どこへ相談していいのか分からない。

 

そういった方は多いと思います。

 

「くらしとお金のFP相談室」

そこでオススメなのが、日本FP協会が開設している「くらしとお金のFP相談室」

 

FPへの相談を無料で体験いただけるサービスで、お金について考える良いきっかけになると思います。

 

そして私は今回大阪で、2014年の相談員を務めさせていただいています。

 

複数のFPがローテーションで対応しますので、運が良ければ(?)私が相談員として登場するかもしれません。

ぜひこの機会に応募してみてください(笑)。

 

普段は9割方税理士として活動していますが、FPの資格も保有しており、とても良い相乗効果を生んでいると思います。

 

税理士の仕事でもFPは必須のスキル

税理士は税務の専門家だから・・・というような考えではダメだと考えています。

 

本当にお客さまに有益なアドバイスをしていくためには、税務以外の幅広い視点が必要です。税理士は「お金の専門家」であるべきだと思うのです。

 

税理士は、お客さまの会社の数字や個人の財産について、一番把握できる立場にあるため、淡々と税務申告などの作業をこなしているだけではとてももったいないと感じます。

 

法人・個人の「お金」の問題について、あらゆる面から改善点や留意点に気づいてあげたり、緩やかに提案したりできるスキルが、税理士には必要だと思います。

 

私の場合は、もともと税理士になる前からFP関係のスキルを磨き続けてきたというアドバンテージはありますが、

これからも意識的に税理士+FP、すなわち「お金の専門家」として、深みのあるサービスを提供できるように心がけていきます。

 

「税理士にここまで相談できるんだ!」と喜んでもらえることが、大きなモチベーションになります!

 

 

くらしとお金のFP相談室