節税のために車を買うなら中古車で

決算ぎりぎりになって、利益が出そうだから車でも買ってみようと思う。

こういう話をよく聞きます。

 

本当に節税対策として有効でしょうか?

 

 

車などの固定資産で、基本30万円以上となるものは、購入した時点で全額が経費になるわけではありません。

 

「減価償却」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

 

車のように長期間使える資産については、使える期間に応じて時の流れに合わせて経費化(減価償却費)していく、という取扱いになっています。

 

そこで、具体的な減価償却費の計算を見ていきましょう。

 

ポイントとなるのは、「新品で購入した場合」と、「中古を購入した場合」の違いです。

 

3,000,000円の車を購入した場合で見てみましょう。

 

 

<新品の場合>

 

通常の乗用車であれば、税金計算上、耐用年数が6年」と定められています。

 

したがって、自動車の購入費用は、6年にわたって徐々に経費化されます。

 

具体的には、使用した月数単位で按分計算されます。

 

ですので、たとえば年度の中間ぐらいに車を購入した場合、6月分しか経費として算入できないことになります。

 

償却費の計算

 

1年目 3,000,000×0.333×6/12=499,500円

 

※0.333という数字は、「定率法」という方法で計算した、耐用年数6年の資産の償却率です。

 

300万円支出したとしても、約50万円程度しか経費にすることができません。

 

 

<中古の場合>

 

中古資産の場合は、新品に比べて既に消耗していますので、それを考慮した耐用年数を見積もることになります。

 

その計算式が、

 

(新品の耐用年数-経過年数)+経過年数×20% となります。

 

※最低2年

 

例えば、4年落ちの車の場合、次の通り、耐用年数は「2年」と計算されます。

 

(6年-4年)+4年×20%=2年(小数点以下を切り捨て)

 

そして、「定率法」による耐用2年の償却率は、「1.0」になります。

 

なんと、1年間で全額償却できることになります。

 

上記の新品と比較すると、

 

1年目で 3,000,000×1.0×6/12=1,500,000円

 

約3倍の、150万円を経費にすることができます。

 

 

もちろん、経費化できるスピードが違うだけではありますが、当面の税負担を軽減したい場合、中古資産の購入を検討するのもよいと思います。