得意先と一緒に海外旅行へ。これって経費?

国内でも海外でもそうですが、旅行費用が経費になるかどうかという点は、判断が難しいケースが多いです。

「観光旅行だから」という理由で経費算入をあきらめている方。

経費に該当する可能性もあるので、少し確認してみましょう。

スポンサーリンク

 

<自社の役員だけで行く場合>

これはかなり厳しくなります。

商談や視察など、明確に「仕事目的」の旅行でないと経費になりません。

海外旅行などで、観光用のパックなどでは、まずダメだと考えてください。

 

<役員、従業員全員参加で行く場合>

いわゆる慰安旅行です。結果として全員でなくてもかまいません。

細かい要件はありますが、基本的に福利厚生費として経費になります。

 

<得意先を招待する場合>

得意先を海外旅行に招待した場合はどうでしょうか?

当方も社長や担当者が参加します。

 

この旅行が完全に観光旅行だったとしても、得意先を招待しているので、れっきとした「交際費」に該当します。

 

もちろん接待にあたった社長や担当者の旅行費も含めて、全額「交際費」で処理できることになります。

 

中小法人であれば、交際費でも経費算入となりますので、機会があれば積極的に開催してもいいかもしれません。

 

それでも、海外旅行は基本的に要注意事項。

得意先招待の場合は、比較的問題ありませんが、やはり海外旅行は金額もかさむこともあり、チェックが入りやすい項目です。

 

慰安旅行で行く場合や、役員のみで業務で行く場合など、旅行目的や行程、参加者など、必ず後で確認できるように記録を残しておきましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

中小企業の社長が「絶対に」知っておきたい、法人税率の話

会社を経営していて利益が出るようになると、ついて回る「法人税等」の税負担。ところで、法人が出した利益にかかる「法人税等」、実際に何%課税されるのか、把握できていますか?

ゴルフクラブのセット(道具)は経費になりますか?

接待ゴルフは交際費の定番です。定番ゆえに、本当に業務上必要なものだったのかどうか、税務署側のチェックも厳しいポイントになるので注意しましょう。


出張旅費の日当(出張手当)、支給額の目安は?

法人の節税対策の代表例として、出張旅費日当が挙げられます。仕事上の出張旅費はもちろん経費です。それを節税に活用する方法とは?

フェラーリは経費にできますか?

問題は「事業に使用しているかどうか」です。

4ドアは認められるけど、2ドアはダメ。などという基準はありません。


スポンサーリンク