2019/05/04
分譲マンションを購入・所有していると、マンションの管理組合に毎月支払うことになる管理費と修繕積立金。 そのマンションを賃貸に出したり、事業用に使ったりする場合に注意したい経理処理について解説します。 ポイントは、 経費になるのか? 消費税の取り扱いは、課税?対象外? という点で、実は間違いやすい取扱いになっています。
2019/04/15
ケーキやお菓子代などを、どこまで事業の経費に入れていいのかどうか、判断に迷うケースも多いと思います。 税理士が記帳を代行している場合でも、経費になるものならないものが混在したレシートの束を渡されると、実際に判断がつかないものも多いです。...
2019/04/14
事業を継続していく中で負担感の重いのが消費税の納税です。 その消費税の納税額の計算方法として「簡易課税精度」があり、業種によって計算率が異なりますが、建設業の場合は少し注意が必要です。 業種の分類上は「建設業」であっても、簡易課税の計算上では内容により第3種になる場合と第4種になる場合があります。...
2019/04/12
普段スーツで仕事をしている個人事業主の方や中小企業の社長様から、「スーツ代は経費になりますか?」「制服は経費になるのにスーツが経費にならないのはおかしい!」という質問をよくいただきます。 実際に仕事に使っているものであれば、可能な限り経費として計上したいですよね。...
2019/01/17
月刊誌「経理ウーマン」2019年2月号に特集記事を執筆しました。 経理ウーマンの特集記事は2回目の執筆でしたが、今回も2万字弱の分量で相当なエネルギーを費やしました。 テーマは『経理が抑えておきたい「決算準備」まるわかり』で、得意の法人決算についてでしたので、思い入れも深いものがあります。
2018/11/24
税務調査で修正申告を行った後に気になる、税金の納付。 翌期の予定納税の基準を記しました。 またこの時期、本税の納付・加算税の納付・翌期予定納税などの税負担が集中するため注意が必要です。
2018/11/23
社員の給与をアップした場合の優遇税制「所得拡大促進税制」。2019年以降の最新制度について詳しく紹介していきます。 節税面でも大変重要な制度で、かつ毎年のように改定が入りますので、適用もれがないよう注意していきましょう。
2018/08/05
節税のために中古車を買った場合や、不動産投資で中古物件を買った場合などに気になるのが、「耐用年数」の算定です。 その年の減価償却費(経費)にできる金額に大きく影響してきますので、詳しく見ていきたいと思います。
2018/08/03
中小企業にとって、社会保険料の負担はとても大きいものです。 役員報酬と従業員の給与の約30%(労使合計の金額)を毎月支払う必要があり、やむを得ず滞納になっているケースも見かけます。 社会保険料を延滞すると、後日延滞金が課されますが、これについてよく質問を受ける次の事項について解説したいと思います。  ・損金算入・経費にできるのか?...
2018/07/12
【2018/7 記事更新・加筆】 一番やっておきたい節税対策は何でしょうか?そんな相談に税理士として自信を持って答える節税がこちらです。利益が出始めたらまずは検討しましょう。 みなさんは、【中小企業倒産防止共済】(経営セーフティ共済)という制度をご存知でしょうか。

さらに表示する